Wednesday, April 14, 2021
Uncategorized

カジノ業界と慈善活動

いくつかのでは、カジノに向けた法律が制定されています。この法律では、カジノは収益の一部をコミュニティ財団寄付しなければならないとされており、財団がカジノから資金を調達できる機会となっています。

しかし、これは世界のどこにでも適応されているわけではありません。カジノは顧客から莫大な収入を得ています。2009年には約500件のカジノで、プレイヤーに支払った賞金額を差し引いても、合計314億ドルの収益がありました。同年の小売スポーツ用品業界の収益が約350億ドルであったことからも、カジノの収益の大きさを想像することができます。

ジャックポットスロットや日本発のパチスロ風スロットなど1500種類の人気のビデオスロットが勢揃い! インターカジノのオンラインスロットを今すぐプレイしてみましょう!

未知の領域

カジノに関する著名な専門家の多くは、カジノが行っている幅広い慈善活動のことを認知していません。ある有名な経済学者がインタビューに応じた際に、カジノも慈善活動に参加するとは知らなかったと答えていました。

慈善活動への参加

最大規模のカジノが位置する都市では、カジノが助成金を支給しています。その一例は、ハラーズ・エンターテインメントという世界最大級のカジノホテルチェーンです。ハラーズ財団は、助成金のほとんどをネバダ州、イリノイ州、DC、ルイジアナ州、ニュージャージー州で提供しており、これらの州で最大のカジノを展開しています。更に、従業員が最も多い都市に多額の資金を提供しています。このような支援は、他のカジノチェーンも同様に行っています。

地域社会の支持を得るための活動

カジノは、ユナイテッド・ウェイ(米国の慈善事業団体)のキャンペーンや従業員ボランティア活動の取り組みを積極的に公表しています。地元では、カジノは攻撃されやすいため、なるべく非公開にしようとする傾向があります。地域社会の支持を得て、ギャンブルにつきものであるマイナスのイメージを回避するために、カジノは積極的に慈善活動を行っていますが、すでにポジティブな評判を得ている地域での支出は控えています。

カジノの従業員が慈善活動を行うことも

特定のカジノではなく、カジノの従業員が慈善活動を行うこともあります。従業員が知らないうちに、非営利団体に給与天引きという形で寄付をすることがあります。例えば、アイル・オブ・カプリ・カジノが「地元の団体に数百万ドルの価値のある寄付をした」ことを発表しましたが、注目された慈善活動の大半は、従業員のボランティア活動であり、カジノ従業員という名の下に行われた寄付でした。

カジノからの資金調達

現在、カジノの拠点はラスベガスだけではなくなりました。すでに世界の大部分にカジノが建設されており、今後、世界の全ての場所にカジノが建設される日が来るのもそう遠い未来ではないでしょう。そして、それは非営利団体にとって、悪いことではありません。地元のカジノを訪れ、彼らを味方につければ、団体のために資金を提供してくれるかもしれないからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back To Top